匂いが気になる看護師におすすめのケア方法

看護師ならではの悩みの一つとして、匂い問題が挙げられます。処置やお世話をする患者との距離の近さで、「自分が匂っていないかどうか」と敏感になってしまう看護師も多いでしょう。

毎日たくさんの汗をかいてしまう方は、匂いを気にせずにはいられないでしょう。
しかし、実は汗をかいた瞬間、匂いはまだ発生していません。かいた汗が皮脂や垢に含まれる成分と混ざることで皮脂常在菌に分解されて発生するが、匂いの元とされています。

汗の匂いケアのポイントは、匂いがまだ発生していない汗をかいた瞬間にボディシートで汗を拭きとることです。
サッと拭くだけでニオイ菌までとれるタイプのものや、拭きとったあとにサラサラ感を持続させるパウダーインタイプのものなどがあります。ボディシートは手軽にいつでも使えるのがメリットと言えるでしょう。
汗を拭きとる時間がなく、わきの匂いケアだけしたいという方は、汗を抑える制汗剤のスティックタイプがおすすめです。小さく持ち歩きやすいうえに、香りの種類も豊富なので楽しく匂いケアをすることができるでしょう。

また、口臭が気になるという方は、食後の歯磨きはもちろん、日頃からマウスウォッシュを使う習慣をつけておきましょう。
口臭の原因となるのは、食べかすや硫黄ガス、嫌気性菌と言われています。これらの対策で最も効果的なのは、うがいです。ブクブク、ガラガラといったうがいをすることで、口内やのどに溜まった食べかすを除去して口臭を改善することができます。

汗や口臭などの匂いが気になる人は、まず手軽なケアからはじめてみましょう。